心理学から学ぶ合コン・婚活で好印象を与える方法!

恋人や将来の伴侶を求めて合コン・婚活を繰り返す日々。出会いがないはずないのに、なぜいつまでたっても恋人ができないのか?この記事では心理学の博士が合コン・婚活で好印象を与えたい人のお悩みについてアドバイスします。

今回のお悩み

合コン・婚活によく行っているのですが、恋人ができなくて困っています。
私はそんなに魅力がないのかな…なんて落ち込みます。

心理学から学ぶ合コン・婚活で好印象を与える方法!

合コンや婚活は、その場でしっかり自己アピールできていないと次がありません。
そんな焦りから自分の魅力を十分に相手にアピールできず終わってしまう…なんてこともあるでしょう。

合コンや婚活で自己アピールをするにあたり、就職面接の時みたいにすっと気を張り詰めておく必要はありません。
最初に相手に与えるイメージを大切にして下さい。
それがあなたのイメージ作りに大きな影響を与えます。

最初に与えるイメージの重要さは、アッシュという研究者の実験により確認されています。
アッシュは、ある人物の性格を表した2つの形容詞群を被験者に見せ、その後ある人物の印象を評価させました。

  • A.知的で、勤勉で、衝動的で、批判的で、頑固で、嫉妬深い人
  • B.嫉妬深くて、頑固で、批判的で、衝動的で、勤勉で、知的な人

本来AとBはどちらも同じ人ですよね。
でも実験の結果、Aのほうは能力が高い人、Bは実力はあるかもしれないけど能力を発揮できていない人という印象が残りました。
この実験から言えるのは、「最初に受けた印象がその後のイメージに強く作用する」ということです。
例えば、自分の甥っ子や姪っ子はどんなに成長して大人になっても、子どものように可愛く見えますよね。そのぐらい最初のイメージというのは大切です。

では、最初の印象を与えるときにはどんなことに注意すればよいのでしょうか。
コツは以下の3つだと思います。

  • 笑顔
  • 目線
  • 服装

笑顔は第一印象で最も重要になるといっても過言ではありません。笑顔で相手と相対することで、あなたのことを受け入れますよというアピールができます。その結果、相手は緊張を緩めることができるでしょう。どのカウンセラーも初回のカウンセリングで使っている技術であり、非常に効果的です。

目線は相手のほうに向けてください。ボディランゲージとしての目には、「関心」という意味合いがあります。目を相手に向けるということは、「私はあなたに興味があります」ということを伝えることができます。反対にそっぽを向いてしまっていては、「私はあなたに興味がありません」ということになってしまいます。これでは、「あなたは自分のことを嫌っている」と相手に誤解されても仕方がありません。

服装は自分の性格・性質を表します。つまり、服装によって自分の性格イメージを相手に与えることができるのです。
詫摩武俊という心理学者によると、好かれる人の7つの性格に

  1. 明るい
  2. 優しい
  3. 思いやりのある
  4. 誠実
  5. さっぱりしている
  6. 実行力のある
  7. 責任感のある

があります。
7つの性格の中で誠実・さっぱりしているは特に服装に組み込みやすい要素です。
シャツはしわくちゃではありませんか?スカートはよれよれではありませんか?清潔感のある服装が誠実さやさっぱりさを演出してくれます。
もし服の色で悩んだ場合、明るい色や優しい色を使ったものを選ぶと、あなたのイメージをその印象に持っていきやすいと思います。

まとめ

合コンも婚活も最初の第一印象が肝心です。笑顔・目線・服装に注意して、あなたの魅力を相手に伝えてください。