MENU

子供英会話を習わせる前に考慮すべき2つのこと

これからの時代を楽しく生きていくためには英語ができたほうが、多くの面で楽しい思いができのは間違いないでしょう。そして、英語教育の低年齢化に伴ない、子供に英会話を習わせる時期もはやくなりました。

では実際に我が子に英会話を習わせようと思った時にはどのようなことを考慮したらよいかを元子供英会話講師がお伝えしていきましょう。少し、裏話も盛り込んでいきますね。

目次

子供には英語が楽しいかどうかはわからない

子供に英会話を習わせようと思っているきっかけは何でしょうか?
子供の年齢が、予め英会話を習わせようと予定していた時期になったからですか?
それとも、英会話学校などからのお誘いの電話、営業の方の訪問でしょうか? 

誘われて英会話スクールなどに通わすのは悪いことではありません。
それがきっかけで英会話が好きになる子も実際にかなりいます。
その子達も英会話を習い始めたきっかけは「家に教材を売りに来た人が楽しかったから」とか、「親に行きなさいと言われたから」というようなものも多かったです。

子供が小さければ小さいほど、英会話がどういうものかなどはわかっていないのです。
その子供を誘導をするのは親の役目と言ってもいいでしょう。

ただし、親が行かせたくても子供は嫌がるかもしれません。
その理由は極端に人見知りで、ママから離れるのがいやだから、というのもあります。
要するに、習わせてみないと、好きか嫌いか楽しいかなどはわからないのです。

目的をはっきりさせる

自分の子供に英会話が上手になってほしいのか、学校で良い英語の成績を取って欲しいのか、どちらですか?
たった週に1回英会話を習わせただけで、その両方を期待するのは子供には負担になるでしょう。

英語教育が低年齢化しているので、子供に英会話などを習わせる期間も長くなります。
子供に一番お金をかけてあげたい時にかけてあげられるように、目的をはっきりとしたほうがよいです。

[box05 title=”まとめ”]
さて、いかがでしょうか?
どの習い事もそうですが、小さい時から始めるものは子供自身は何が何だかわからないうちに習い始めることになります。
始めてみなければわからないのです。
ならば、状況が許すのであれば、習わせてみたほうが子供の可能性を広げてあげられますね。
[/box05]

目次
閉じる