MENU

クレジットカードのポイントサービスは本当にお得なの?

ポイントサービスが提供されていないクレジットカードはほとんどありません。
それだけクレジットカードのポイントプログラムは定着しています。
ポイントサービスの内容はクレジットカードによって大きく違っています。
今回はポイントサービスのしくみやクレジットカードによる違いを解説します。

目次

クレジットカードのポイント還元率は0.5%が標準

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%です。
これは20万円のカードショッピングをして(キャッシングはポイント対象外)、1000円相当の商品に交換できるレートです。
ポイントは1000円の買い物で1ポイント付与されて、200ポイント貯まると1000円相当の商品交換できるのが一般的です。
しかし、中には200円で1ポイント付与されるケースもあります。ポイント還元率は同じですが、1000円未満の端数にもポイントが付くのでお得です。

還元率0.5%と言うのは他のポイントサービスと比べると低い水準です。
例えばローソンなどで貯まるPontaは共通ポイントとして流通していますが、基本還元率1%です。
100円で1ポイント付いて1ポイント1円として買い物に利用できます。クレジットカードのポイント還元率はこの半分しかありません。
ただし、クレジットカードにはこのポイント還元率を上げるサービスもあります。
最も一般的なのはカード会員専用のインターネット上のショッピングモールを利用するとポイントが2倍になるサービスです。
こうしたサービスを活用するとポイント還元率は1%以上になります。

基本還元率1%以上のクレジットカードも多い

ポイント還元率が1%以上というクレジットカードも発行されています。
楽天カードは高還元率カードとして有名ですが、どこの加盟店を利用してもポイント還元率は1%です。
さらに楽天市場を利用すれば最大7倍のポイント還元率も可能です。また年会費が一般的なカードよりも高い年2500円のレックスカード(ジャックス発行)はポイント還元率1.5%の高還元率です。
年会費は年間50万円以上のカード利用で無料になるのでお得です。
こうした還元率の高いクレジットカードもあるので、クレジットカードに慣れてきたら、ポイントを貯めるためのクレジットカードを一枚持つというのも一つの使い方になります。

ポイントを上手に貯める方法

基本還元率0.5%のクレジットカードでもサービスを活用することによってポイント還元率をさらに上げることができます。
すでに紹介したショッピングモール経由でネットショッピングをする方法以外にもポイントアップの方法があります。
例えばライフカードは年間利用金額50万円以上で次年度のポイント付与が1.5倍になりボーナスとして300ポイントが貰えます。
また、誕生月はポイントが5倍になるのでその月は還元率2.5%です。

ポイントを貯める場合は一枚のカードをメインカードとして集中的に利用するのが基本です。
特に年間利用金額によってポイント還元率が高くなるカードを使えば効率よくポイントが貯まります。

目次
閉じる