【ビジネス英語 STUDY2】英文Eメールの作成方法

2018 9/21
【ビジネス英語 STUDY2】英文Eメールの作成方法
目次

タイトル

タイトル、件名(Subject)は用件がわかりやすいように書きます。
「お知らせ」というようなタイトルではなく、「○○社の~の件について」「緊急」「重要」など、誰が見てもメールの内容や重要度がわかるようにします。
[box03 title=”例文”]

  • Regarding the meeting, could we reschedule to 3pm?
  • [Important Notice] The shared file server will be down this weekend.
  • [Urgent] The bug fix doesn’t work properly.

[/box03]

宛先

クライアント向けや社外に宛てたメールでは、「Mr. Mrs. AAA」のような丁寧な書き方をします。
反対に社内や同僚へのメールは「Hi, BBB」などとカジュアルに書きます。

内容

日本語のビジネスEメールでは、「いつもお世話になっております、○○社の○○です。」と冒頭にあいさつを入れることが多いですが、英語にはそのような習慣はありません。
宛先の次にすぐ本文始まるのが英文Eメールの基本になります。
内容は文法が正しいかを確認しながら、簡潔にわかりやすく書きます。

内容についての次のアクション

日本語のメールと同様に、次のアクションやステップで締めくくることが多くなります。
[box03 title=”例文”]

  • Please send us the fixed invoice until next week.
  • I look forward to your reply.
  • Please do not hesitate to call or e-mail us for new procedures.

[/box03]

締めの挨拶

Eメールの最後に締めの挨拶を書きます。
クライアントや目上の方へのメールには「Best regards,」「Sincerely,」などと使用します。
チームや同僚への挨拶には「Thanks,」「Cheers,」などビジネスカジュアルな書き方をしても大丈夫です。

自分の名前

英語を使用するビジネスの場では、ファーストネームやニックネームでやり取りすることが多いです。
Eメールの最後に書く名前も、ファーストネームや周知されている名前を使用しましょう。

目次
閉じる