MENU

詳しく知っておきたい!自動車保険「任意保険」の補償内容とは?

車を運転している人なら必ず加入しておくべきなのが自賠責保険と任意保険です。
自賠責保険は車検の時に強制的に加入させられますのでよいのですが、任意保険は自分で補償内容を選ばなければなりません。
選ぶ補償内容によって、お相手の賠償や自分への補償が大きく変わるだけではなく、保険料も変わってきます。
ここでは、お得に無駄なく自動車保険に加入するための基礎知識、任意保険の補償内容を詳しく説明していきたいと思います。

目次

対物賠償責任保険

いわゆる、「対物保険」です。
これは交通事故により相手の車や物を壊した時に使う保険です。
車だけではなく、ガードレールや家、道路、自転車、などありとあらゆる物の賠償に使えます。
修理費だけではなくその他の撤去費や清掃費なども支払われます。
上限金額を自分で設定することができて、最高金額は無制限です。
対物賠償責任保険にさえ加入しておけば、交通事故で壊してしまった物に対する賠償はすべてカバーすることができます。
無制限であれば、裁判でどんなに高額な賠償判決が出ても全額支払われるので安心です。
対物賠償責任保険には示談サービスが自動でついてきますので、相手との交渉をすべて保険会社に任せることができます。

対人賠償責任保険

これは、交通事故で相手をお怪我させてしまった時に使う保険です。
交通事故で相手に怪我をさせると、治療費に加え、慰謝料、休業損害、付き添い看護費用、通院交通費、などお怪我にまつわる様々な賠償金を請求されますが、法的に正しい請求であればすべてをカバーできます。
対物賠償責任保険と同じく、示談交渉サービス付きですので相手とやりとりをする必要はありません。

車両保険

自分の車に対する補償です。
補償する範囲によって保険料が異なります。
一般タイプは、すべてのリスクに対応した車両保険です。対車との事故のみならず自損事故にも対応しています。
エコノミータイプは、いたずらや火災、フロントガラスへの飛び石、車対車の事故、などのみを補償範囲としています。
自分でガードレールに擦ってしまった、という場合の車の修理代は支払われません。
その代わり保険料がリーズナブルです。
どちらのタイプも、契約時に設定した金額を上限に修理代が支払われます。

人身傷害保険

運転手や同乗者が交通事故で怪我をした場合に支払われる保険です。
具体的には治療費や、薬代、通院交通費といった実費の別に慰謝料や休業損害も支払われます。
これに加入しておけば交通事故にあっても自己負担なく治療に専念することができます。
こちらも上限金額は自分で設定可能です。

搭乗者傷害保険

運転者や同乗者が交通事故で怪我をした際に支払われますが、人身傷害保険のように実費が支払われる訳ではありません。
通院1日10,000円や、捻挫で5日以上通院したら50,000円、という風に定額で支払われます。
実際にかかった費用が支払われる訳ではないので搭乗者傷害保険のみでは、自分や同乗者の治療費や薬代などはすべてカバーすることができないかもしれません。

目次
閉じる