MENU

初めてクレジットカードの申し込みをする際の注意点

クレジットカードを作るには、まずクレジットカード会社に申込書を提出する必要があります。
以前はクレジットカード申込書に自筆で記載して、郵送する方法が主流でしたが、今はインターネットによる申込が便利です。

目次

クレジットカード申し込みに必要な書類

クレジットカードを作るときには身分を証明する書類が必要となります。
これは第三者がなりすましてクレジットカードを作ることを防止するためで、運転免許証やパスポートの写し、住民票などを添付して申込をします。
しかし、最近では申込時にこうした書類を添付しなくても受付するケースがあります。
日本郵便の本人限定受取郵便や佐川急便の受取人確認サポートなどでクレジットカードを発送する場合は、本人以外の受取ができずなりすましを防止できるので証明書類は不要です。

ネット申し込みの方法

インターネットで申し込みをする場合も、基本的に証明書類が必要です。
その送付方法はクレジットカードによって違いますが、デジタルカメラで写真を取って画像ファイルとして送る場合や後日郵送する場合などもあります。
ネット申込みの最大のメリットは申込書を郵送する時間を短縮できるという点です。
そのためクレジットカード申込からカードだが手元に届く時間を短縮することができます。

ネット申し込みは申し込みしたいクレジットカードのホームページから申請します。
必要項目を選択したり、入力したりするだけで自動的に申込が完了します。
電子メールを登録して審査結果をメールで受け取ることもできます。
口座登録も金融機関によってはオンラインで登録も可能となっていて、さらにオンライン入会は初年度年会費無料という特典付きのクレジットカードもあります。
クレジットカードの申込方法としては最も早く、お得な方法です。

申込欄は記入漏れがないようにしよう

クレジットカードの申込用紙やネット申込みの記入欄は記載漏れや記入ミスがないように気をつけましょう。
特に個人情報を記載する欄は間違いがあると、第三者に間違われることがあります。
そのため、氏名のふりがなも正確に記入する必要があります。
日本全国から申し込みがあるので同姓同名の場合もあり、偶然支払い遅延がある人と同姓同名という可能性もあります。
そうなると申込が却下されてしまうので、個人情報欄は面倒がらずにしっかりと記入することが大切です。

年収や勤務先の内容、勤務年数も収入を判断するためには重要な項目です。
しかし、審査を有利にしようとして虚偽の申告をしてしまうと後で強制解約されてしまうことがあります。
カード申し込み記入欄は正確に、かつ漏れのないように記入することを心がけましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる