MENU

エアコンの電気代を節約する使い方を紹介!

ここ最近の夏の暑さはエアコンなしではいられないほどの猛烈な熱さですよね。
朝から夜寝るまで熱さが我慢できずに1日中エアコンを使っている人も多いと思います。

昔は暑くてもエアコンを付けるのを我慢することもありましたが、暑さが厳しい現代では、無理して我慢することが命に関わることにもなりかねません。
健やかに夏を乗り切るためにもエアコンはなくてはならない存在になっています。

そこで気になってくるのが電気代です。猛暑を快適に過ごしながら電気代を節約する方法を今回はご紹介したいと思います。

目次

設定温度を1度上げると10%節電

エアコン代を節約するためには設定温度が関係してきます。
設定温度を1度高くすると10%の節電につながりますよ。
風の強さを調整するよりも節電になります。
ただし、温度を上げるだけでは快適とは言えませんよね。1度上げても涼しさを保てる方法はないのでしょうか?

快適に過ごすには?

冷たい風は下に落ちていく性質があります。
エアコンは部屋の上に付いており、冷たい風も上から出ています。
その風は下に落ちて足元に留まります。

エアコンの自動運転の場合、室温が下がってくると風量を弱く調整するので、その分電気代も安くなるのですが、エアコンの温度センサーはエアコンに付いているので足元は冷えていてもエアコン付近は温度が高いため、更に冷やそうとパワー全開で冷やすため電気代がかかり続けてしまいます。

熱い時にはエアコンと扇風機を併用して使うと快適に過ごせて、更に節電にもつながります。

扇風機と併用でメリットがいっぱい


下に溜まったエアコンの冷たい風は、扇風機を使って空気を循環させます。
空気を循環させることで混ざり合い、部屋全体の空気が同じ温度になります。
今まで足元が冷えて、顔はぼーっとしていても、空気を循環させると、顔近くの温度が涼しく感じられるので体感的には涼しさを感じられるようになります。

エアコンの運転設定は「自動運転」にしておきましょう。
付近の温度も循環することで低くなるのでエアコンの運転も立ち上がりは「強」その後は「微風」で運転に切り替わるので節電になりますよ。

電源のオン・オフを頻繁にしない


エアコンは付け始めが一番電気を使います。
付け始めは部屋が暑いので早く涼しくしようとフル稼働するので電気が掛かってしまうのです。
電源はオンオフを頻繁にするのではなく、付け続けておく方が節電になりますよ。

窓からの熱を入れない


日の当たる部屋は窓を閉めていても熱は入ってきます。
冷房を入れて涼しくしたい場合にはカーテンを閉めて光が入らないようにすると効率的に涼しくすることができますよ。

風の向きに注意する


エアコンの風は水平に出るようにすると効果的です。
先ほども説明しましたが冷たい風は下に下がる性質があります。
下向きにすると足元だけが冷たくなるので上向きにしておきましょう。

室外機は直射日光を当てない


室外機にも気を付けると更に節電につながります。
室外機は熱を屋外に出し、冷却されたガスを室内機に送る役割があります。
直射日光が当たり、温まった室外機は熱を放出する機能が低下してしまうため電力を消耗してしまうことになります。

室外機を置ける場所は限られています。
日陰を選んで設置できるならそれが良いですが、なかなかそうもいきません。
室外機を覆うようにすだれを掛ける、室外機用の屋根もあるので活用するとエアコンを効率的に使えるでしょう。

覆うカバーもありますがエアコンを使う時には熱を上手く逃せないので、外して使用しましょう。

[box04 title=”まとめ”]
いかがでしたか?
ここではエアコンの節電方法をご紹介しました。
エアコンは使い方次第で温度を下げなくても快適に使うことができます。
ぜひ猛暑を節電しながら涼しく乗り越えてくださいね。
[/box04]

目次
閉じる