転職における縁故採用のメリットとデメリットについて

  • 2018年10月17日
  • 2018年10月17日
  • 転職
  • 63view

転職のパターンで一番多いと言われている『縁故採用(入社)』。
いわゆるコネ入社と呼ばれる方法ですが、皆さんはメリットしかないと思っていませんか?
もちろんメリットは多いのですが、同時にデメリットも存在します。

縁故採用のメリット

入社が容易

転職する際に1番の難所である「入社」がかなり容易という事があげられます。
何しろ知り合いが誘ってくれて会社に入社するわけですから、ほとんど採用試験などと言われるものは存在しないようなもの。
あっても形式だけという場合がほとんどです。
知人と言ってもさまざまなケースがあります。まず考えられるのが、肉親を含めた親族の口利き。これが一番有力な入社ルートになるかもしれません。
入社対象の会社に対して影響力のある方の、しかも親戚含めた縁故での口利きとなるので入社はかなりスムーズです。

高待遇

待遇面でも憂慮される可能性があります。
先に挙げた通り、親族からの口利きや友人の既存社員からの紹介です。
会社の採用に影響を与えられる人物ですから、入社後の待遇面でも口利きが有利に働く場合があります。

会社の実情がわかりやすい

すでにその会社で仕事をしているか、または関係者の紹介です。
部外者ではありませんから、会社の実情は把握しています。会社に関する詳細な内容を教えてもらうことも容易でしょう。

縁故採用のデメリット

他の社員との壁

入社後、通常の社員との間に見えない壁のようなものが存在し、「あの人は〇〇さんの知り合いだから」など陰口を言われることがあります。
誹謗中傷とまではいかなくとも、表面に出てこない差別のようなことが起こるケースです。

退社しづらい

入社は簡単でも辞める時に厄介となるケースです。
会社が合わない辛いといった事情があっても、紹介してくれた方の顔を簡単につぶすわけにはいきません。
辞めるのに一苦労といった話は山ほど存在します。

プレッシャー

上の方のポジションで入社した場合など、結構な裁量を任されているケースがほとんどです。
会社に変革をもたらすような役割も求められ、重圧に耐えきれないことが起こります。
ミッションが重すぎて、退職に追い込まれるという事も。
業績の向上、新規事業の立ち上げなどで知人紹介からの『縁故』入社で入った方に多い悩みの一つです。

[box04 title=”まとめ”] ひとえに『縁故』といえども、そこにはメリット・デメリットがあることを忘れてはなりません。
サラリーだけに気を取られず、知人から会社内部の話や状況を確認しておきましょう。
自身が活躍できるのかを事前に見極めることが『縁故』転職の成功の秘訣です。
[/box04] [chat face=”dog.png” name=”くらっぷ” align=”left” border=”gray” bg=”none”]簡単に入社できるからといって、何も調べずに転職を決めてはいけないということですね。[/chat]
最新情報をチェックしよう!