雑学は暇つぶし?人はなぜ雑学記事を読むのが止められないのか?

みなさんは、雑学はどんな時に読みますか?

最近はニュースサイトなどを何気に読んでいるうちに、気が付くと雑学ネタが書いてある記事を読んでいることはありませんか。

ほとんどの人は、自分からわざわざ雑学を読もうとは思ってはいないでしょうが、ニュースサイトを読んでいるうちに気が付くと雑学サイトに入り込み、次々に雑学記事を読み進めていることがあります。

では一体なぜ人は雑学を読んでしまうのでしょうか。

今回は雑学は暇つぶし人はなぜ雑学記事を読むのが止められないのかついてご紹介させていただきます。

暇つぶしにニュースサイトを読み進めるうちに人は次々に雑学記事を読んでしまう

みなさんは、暇な時には何をされていますか?

丸1日や半日時間がとれれば、どこかへ遊びに行ったりされることでしょう。

ところが、ちょっとした空き時間や通勤通学の時間であれば、ほとんどの人はスマホでゲームをやるか何かニュースサイトを読んでいることでしょう。

ニュースサイトはその日の気になるニュ―スが、トピックスとしてリストアップされているので丁度いい暇つぶしになります。

エンタメが好きな人であれば、エンタメニュースを読むし、経済ニュースが好きな人であれば経済ニュースを読みますよね。

ところでみなさん最初はエンタメニュースや経済ニュース読みたいからサイトに入りますが、サイトはみなさんが記事を読んだ後に必ず「あなたにおすすめの記事」をレコメンデーションしてきますよね。

その「あなたにおすすめの記事」は大体においてみなさんが興味が湧くような記事がピックアップされます。

そして1本記事を読んでしまうと、その後も次々に記事を読んでしまいますよね。

またなぜか暇つぶしの時間にはサクサクと記事が読めますよね。そしてほとんど暇つぶしの時に読まれる記事は雑学記事であることが多いと思いませんか。

ではなぜ多くの人は、暇つぶしの時に雑学記事をサクサク読めるのでしょうか。

人が持つ「知りたい」という欲求があるから雑学記事を読むのは止められない!

ところでみなさん、雑学なんか知っていたところで、全然何の役にも立ちませんよね。

それでもスマホを持っている人であれば、ちょっとでも暇ができると何かサイトを読み始めます。そして気が付くといつの間にか雑学記事を読んでしまいます。

ではなぜいつの間にか雑学記事を読んでしまうのでしょうか。

その理由は、人は暇になると人が持つ「知りたい」という欲求が働くからです。

「知りたい」という欲求が働くことで、脳が何かしらの情報を外部に欲しがります。

そして脳に与えるための丁度良い情報こそが、雑学なのです。

「知りたい」という欲求がない人であれば、サイトの記事も読まないし、雑学記事など時間の無駄と思って読むこともないでしょう。

人は「知りたい」という欲求を何歳になっても持っている

また人は何歳になっても「知りたい」という欲求は持っていますし、なくならないでしょう。

ただし、難しいことや自分から遠い話題にはだんだんと興味が無くなってきます。

ところが雑学はどこまでも簡単で自分の目が届く範囲の情報ばかりで、しかもなぜか人が気になる情報が多いのです。

難しいことや自分から遠い話題には興味をなくした人が最後まで欲しがるのが実は雑学なのです。

雑学こそ暇つぶしに丁度良い!雑学は脳のおやつ?

人の脳は何歳になっても「情報」は欲しがります。

特に脳が欲しがるのは、脳が簡単に理解ができて、自己満足ができる情報です。

脳が簡単に理解出来て、脳が「なるほど」と思える簡易な情報は脳に「成功体験」と満足感や幸福感を与えてくれます。

逆に知れば知るほど脳がこんがらがっていく情報は脳が疲れるから脳は嫌います。

雑学のように簡単に理解出来て満足感が得られる情報とは、実は脳にとっては休憩時間にもらう「おやつ」のようなものなのです。

おやつだからこそ何個もパクパクと食べられるのです。

また暇な時間は、見方を変えれば休憩時間とみることもできます。

つまり脳は暇な時間に暇つぶしとしておやつである雑学を食べて、脳のやる気を起こしていると言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回は雑学は暇つぶし人はなぜ雑学記事を読むのが止められないのかついてご紹介させていただきました。

結論としては暇つぶしに読む雑学記事は、脳のおやつだから読むのが止められないということにまとめさせていただきました。

つまり雑学は仕事のような本業ではなく、休み時間に食べるおやつであるという考え方です。

実際雑学はクイズやなぞなぞのように脳を一休みさせたり、リラックスさせる効果もあることから、特に仕事で脳を酷使されている方には雑学記事はおすすめではないでしょうか。